「減災教室」(城里町立石塚小学校)を開催しました報告

2022年6月27日

 624日、城里町立石塚小学校からの依頼を受け、組合員理事と減災サポーターが講師にな「減災教室」を開催しました。石塚小学校体育館を会場に小学4年生児童69とその保護者61人の計130人が参加しました。「防災」は災害を防ぐことですが、「減災」は、あらかじめ災害の発生を想定し、その被害を最小限に抑えるための取り組みです。

 今回は「コープの減災 基本のキ」と題した講話の後、新聞紙を使って親子でのスリッパ作りや、自分の命の守り方や災害に備えて準備しておくものをビンゴゲーム形式ですすめました。参加者からは「備えておくことの大切さをこどもと一緒に学ぶことが出来てよかったと思います、家でもみんなで考えたいと思います」「ビンゴゲームがとても楽しかった」「楽しく新聞紙スリッパの作り方を学ぶことがでできました、今週末家族で一緒にいろいろなサイズのスリッパを作りたいと思います」などの感想が寄せられました。

 いばらきコープは、茨城県がすすめる「いばらき教育の日」推進協力事業所として登録しています。今後も学校教育活動への支援として、食育や減災、環境教室等により地域社会に貢献する取り組みをすすめます。

PAGETOP