フードバンク茨城へお米200㎏を寄贈しました報告

2022年3月18日

 3月18日、コープデリ水戸センターで、専務理事 柴﨑敏男より、NPO法人フードバンク茨城 田中健一様へ「有機栽培米 宮城県産コシヒカリ」200㎏(1㎏×200袋)をお渡ししました。このお米は、「有機栽培米 宮城県産コシヒカリ」の生産者である黒澤ライスサービス 黒澤伸嘉様より、コープデリ連合会へお米1000㎏を寄付いただいたものになります。お米は、コープデリグループの各会員生協からそれぞれの地域の困窮者支援に活用されます。

 生産者の黒澤様は、日頃から宮城県内のフードバンクなどへ寄贈されており、コープデリグループのフードバンクとのつながりや日頃から食品寄贈していることを知り、寄付いただきました。

左から、NPO法人フードバンク茨城 田中様、柴﨑専務(撮影時のみマスクを外しています)

左から、NPO法人フードバンク茨城 田中様、柴﨑専務(撮影時のみマスクを外しています)

 懇談では、フードバンク茨城 田中様より「お米ありがとうございます。小分けになっているのは、配布するにあたって大変助かります」とのお言葉をいただきました。柴﨑専務からは「いばらきコープが今までやってきたことに加えて何ができるか、ひとりひとりの暮らしを基準に、考えていかなければならないと思っています」とご挨拶し、これからも協力し合って生活困窮な状態にある方々の様々なニーズに、応えていくことを確認しました。

 今後もいばらきコープは「誰もが安心して暮らせる地域づくり」をめざし、地域社会に貢献する取り組みをすすめます。

PAGETOP