コープのまなび場「いま 環境問題について考える」を開催しました報告

2019年11月 5日

 11月5日、コープのまなび場「いま 環境問題について考える」を水戸市のザ・ヒロサワ・シティ会館で開催し、組合員理事、ブロック委員、総代、職員を含め68名が参加しました。講師には、茨城大学名誉教授・いばらきコープ有識者理事の中島紀一氏をお招きし、霞ヶ浦の水質、農業と環境の関係などについて、わかりやすくご講演いただきました。参加した組合員からは「一人ひとりが意識して霞ヶ浦の生態系を守り、きれいな水を維持することが未来につながっていくと思う」「自分たちの生活だけを考えるのではなく、自然共生を考えることが大切だと感じた」「農業は生物多様性と自然の物質環境が健全に維持されることで成り立つことが分かった」などの感想をいただきました。

 コープのまなび場は、組合員自らが判断し、行動できる力を育むために様々な学習をすすめる場で、今後も引き続き開催していきます。

PAGETOP