コープのまなび場「商品提供の基本的な考え方」を開催しました報告

2019年9月11日

 9月10日、コープのまなび場「商品提供の基本的な考え方」を本部で開催し、組合員理事やブロック委員、職員74名が参加しました。講師には、コープデリ生活協同組合連合会 CSR推進部 岩佐 透部長をお招きし「商品提供の基本的な考え方」について、わかりやすくご講演いただきました。参加した組合員からは「コープの商品提供の基本的な考え方について改めてよく理解することができた」「コープ商品のマークついて、一つひとつの意味がよくわかった。特にダブルブランドのコープ商品を気にしてみるようにと思った」「お互いの顔が見える産直政策は、何かリスクが見つかったときでも安心でき、生産者の方にとってもとても良い取組だと理解できた」などの感想をいただきました。

 コープのまなび場は、組合員自らが判断し、行動できる力を育むために様々な学習をすすめる場で、今後も引き続き開催していきます。


講師は、コープデリ生活協同組合連合会 CSR推進部 岩佐 透部長

講師は、コープデリ生活協同組合連合会 CSR推進部 岩佐 透部長

PAGETOP