食育教室 たべる、たいせつ」(下妻母親クラブ)を開催しました報告

2019年9月 6日

 9月5日、下妻母親クラブからの依頼を受け、食育サポーターが講師になって「食育教室 たべる、たいせつ」を開催しました。しもつまふるさと交流館リフレこかい多目的ホールを会場として、1歳から3歳の子ども29名、保護者17名が参加しました。今回は「和食のすすめ」と題し、ガラス鍋を使った炊飯と昆布とカツオ節、煮干から出汁をとったみそ汁作りの実演とおにぎり作りの実習、「和食のすすめ」の講話「野菜の花あてクイズ」を行いました。参加者からは「出汁がとてもおいしかった」「普段みそ汁を飲まない子どもが喜んで飲んでいた」「家でも鍋でごはんを炊いてみたい」などの感想が寄せられました。

 いばらきコープは、茨城県がすすめる「いばらき教育の日」推進協力事業所として登録しています。今後も学校教育活動への支援として、食育や減災の教室等により地域社会に貢献する取り組みをすすめます。


PAGETOP