コープのまなび場「子どもの未来アクション~知ることから始めよう~」を開催しました報告

2018年11月 6日

 11月6日、コープのまなび場「子どもの未来アクション~知ることから始めよう~」を茨城県立県民文化センターで開催し、組合員理事やブロック委員62名が参加しました。講師には、日本生活協同組合連合会 組織推進本部 組合員活動部 前田 昌宏様をお招きし、学習会デモンストレーションについてわかりやすくご講演いただきました。また、いばらきコープ 笹平理事より「子どもの未来アクション~知ることから始めよう~」について、グループワークを交えてわかりやすく講演をしました。参加した組合員からは、「相対的貧困という言葉を始めて聞いた。通常見えないからこそ気づきにくいというのも納得し広めていくことが大事だとわかった」「現状を知るだけでもアクションを起こすいいきっかけになると思った」「知らない・身近な問題として捉えられない・子どもの貧困を学ぶ、知る機会を増やすことで行動に移す方も増えるのではないかと思った」などの感想をいただきました。コープのまなび場は、組合員自らが判断し、行動できる力を育むために様々な学習をすすめる場で、今後も引き続き開催していきます。

 

講師:日本生活協同組合連合会 組織推進本部 組合員活動部 前田 昌宏様

講師:日本生活協同組合連合会 組織推進本部 組合員活動部 前田 昌宏様

いばらきコープ 笹平理事

いばらきコープ 笹平理事

PAGETOP