いばらきコープの機関誌「コープスマイル」2019年11月号

いばらきコープの組合員広報誌「コープスマイル」をご紹介します。いばらきコープ生活協同組合


>> P.3

へい伊や平屋島がこの先もずっと、美しい島でありますようにちゅら島しま応援もずくプロジェクト美伊平屋島フェリーで約80分沖縄県2010年からの寄付額累計1,318万円プロジェクトの仕組み❶伊平屋島産のもずくをお買い求めください。❷商品お買い上げ1点につき1円が、伊平屋村美ら島応援基金」へ寄付されます。配宅産直沖縄県伊平屋島産味付太もずく(土佐酢)お店沖縄県伊平屋島産味付もずく土佐酢沖縄県伊平屋島産味付もずく米黒酢入り❸伊平屋島の美しい自然環境を保護する活動などに役立てられます。毎年職員が島を訪問し、海岸清掃に参加しています脅かされるウミガメのふるさとどこまでも続く透き通った海と、真っ白な砂浜。沖縄県の最北端にある伊平屋島は、「沖縄の原風景」と言われるほど豊かな自然が残り、絶滅が心配されるウミガメの数少ない産卵場所です。島では特産のもずくを養殖して経済やくらしを支え、リゾート開発などをすることなく、美しい環境を守り続けてきました。しかし、その伊平屋島の砂浜に海から大量のごみが流れ着き、問題になっています。ごみがあるとウミガメは砂浜に上陸できず、産卵できません。島をあげて海岸清掃を行っていますが、島にはごみ処理施設がないため、沖縄本島までごみを船で運ばなければならず、その費用が島の大きな負担になっています。もずくを食べることで伊平屋島の自然を守るコープは1987年から伊平屋島ともずくの取引をしており、長きにわたる交流の中でこうした現状を知りました。「伊平屋島の自然を守りたい」と2010年に始めたのが、「美ら島応援もずくプロジェクト」です。伊平屋島のもずく商品のお買い上げ1点につき1円を村に寄付。寄付金はごみの運搬・処理や砂地の浄化など自然環境保護活動に活用され、島の美しい自然を守っています。海が透明で、太陽の光がさんさんと降り注ぐ環境だからこそ、おいしいもずくが育ちますMessage皆さまからのご支援で伊平屋の海岸がきれいになり、また伊平屋島の名前、もずくのことを知ってもらえ、大変うれしく思います。この取り組みの輪が年を重ね大きな輪となり、生産者の意欲向上につながっています。今後も品質の良いもずくを皆さんに提供できるよう、島の環境保全や後継者の育成にも取り組んでいきたいと思います。もずくを買うことで、美ら島の保護プロジェクトに参加できると初めて知りました。美しい伊平屋島を守る一助になりたいので、購入しようと思います。伊平屋村漁協理事新里斉士さんコープみらい宅配をご利用の組合員さんより4つのプロジェクトと「つながり」4つのプロジェクトのうち、新潟佐渡コシヒカリ、沖縄県伊平屋島産もずく、お米育ち豚は、コープの産直商品です。「産直」は、生産者の顔が見える商品を安心して食べたい」組合員の皆さんと、「安全な商品を直接届けたい」生産者の願いを実現する取り組み。コープは生産者と組合員の皆さん、つくる人と食べる人を「つなげて」きました。またユニセフとも長年の協力関係があり、生産者やユニセフとつながりのあるコープだからこそ、4つのプロジェクトに取り組むことができたのです。これからも、人と人とのつながりを大切に、プロジェクトを進めていきます。佐渡トキ応援お米プロジェクトでの産地視察・交流では、田植えや稲刈りなどに職員や組合員の皆さんが参加し、生産者と交流しています03


<< | < | > | >>