いばらきコープからのお知らせ 報告

2015年11月23日

「いばらきのおいしさ再発見!どきどき収穫祭」を開催しました

 11月21日、いばらきコープとJA全農いばらきが共催する「いばらきのおいしさ再発見!どきどき収穫祭」をポケットファームどきどき茨城町店で開催しました。この収穫祭は、生産者と消費者が互いに収穫を喜び合い、協力しながら地産地消をすすめていくことを確認し合う場です。今回は地産地消と食文化の伝承をテーマとし、茨城県の郷土料理や特産食材のおいしさをあらためて発見してもらうことを目的に開催しました。

 駐車場に設けられた特設会場では、地元の食材を使った郷土料理コンテストやJAグループ・いばらきコープ連携商品の展示や試食販売、生産者によるトラック市や模擬店などを行いました。ステージでは茨城県のご当地人気ヒーローであるイバライガーショーや生産者によるゲーム大会、抽選会等を行いました。

 オープニングセレモニーでは、来賓として茨城町長の小林宣夫様にごあいさつをいただきました。また、茨城県の新品種の米「ふくまる」で作ったおにぎりが来場者に配られ、収穫祭にふさわしく全員の「いただきます」の掛け声でイベントをスタートさせました。当日は晴天にも恵まれ、約4,300人の方々にご来場いただきました。

 郷土料理コンテストでは、組合員や生産者の皆さんが出品した10作品を実際に会場で調理して提供しました。それらの料理を審査委員5名や来場者150名に試食していただき、最も美味しかった料理に投票してもらいました。その結果、最優秀賞には納豆やキムチなどを使った「いばらき発酵鍋」が選ばれ、審査委員長のクッキングスクールネモト主宰の根本悦子先生から賞品が贈呈されました。その他、優秀賞、JA全農いばらき賞、いばらきコープ賞、ポケットファームどきどき賞がそれぞれ入賞者に贈呈されました。

 今回のコンテスト入賞レシピは、JA全農いばらき直営店「ポケットファームどきどき 森の家庭料理レストラン」のメニューとして期間限定で提供される予定です。

 

 

<コンテストに出品された料理>

 最優秀賞            いばらき醗酵鍋

 優秀賞             干し芋おこわ

 JA全農いばらき賞      そばがきのすいとん

 いばらきコープ賞       梅の蒸しケーキ

 ポケットファームどきどき賞 芋がら入りけんちん汁、納豆おろし餅、すみつかれ、レンコンたこ焼き、

                    小松菜とさつまいも入り蒸しパン、カラフルつと豆腐

オープニングセレモニーの様子

オープニングセレモニーの様子

郷土料理コンテスト審査委員による試食の様子

郷土料理コンテスト審査委員による試食の様子

郷土料理コンテスト試食提供の様子
郷土料理コンテスト試食提供の様子
郷土料理コンテスト「最優秀賞」贈呈の様子
郷土料理コンテスト「最優秀賞」贈呈の様子

いばらきコープからのお知らせ ページの先頭へ