いばらきコープからのお知らせ 報告

2015年06月27日

くらしの助け合いの会全体交流会を開催しました

 6月26日、JA水戸会館において、くらしの助け合いの会第10回全体交流会を45名の会員が参加して開催しました。当日は、各地域の活動会員から事例報告をいただくとともに、グループに分かれて「介護保険で利用できる生活援助、利用できない生活援助」をテーマにした交流を行ないました。

 事例報告では、牛久・龍ヶ崎地域の平田紀久さんから「福祉事業所と共に活動」、下館地域の百間弘子さんから「長期にわたる援助活動」、つくば地域の篠原順子さんからは「子育て支援の活動」について事例を紹介していただきました。参加者からは「いろいろな地域の方と活動事例の交流ができて良かった」「介護保険で出来ない生活援助が多く、さらに助け合いの会の必要性を感じた」などの感想がありました。交流会の最後は、活動会員である水戸市の小林やよいさんが作詞した「明日があるさ」の替え歌「助け合いがあるさ」を全員で合唱しました。

 当日は来賓として、茨城県社会福祉協議会の篠原義典様、土浦市社会福祉協議会の橋口真由美様、いばらき保健福祉友の会の櫻井勝治様、小野久江様、長沼皖司様、日本生活協同組合連合会の遠藤陽子様、パルシステム茨城の君嶋義之様、コープぐんまの角田令子様にも出席をいただきました。

くらしの助け合いの会コーディネーターの皆様

くらしの助け合いの会コーディネーターの皆様

事例報告する平田紀久さん
事例報告する平田紀久さん
事例報告する百間弘子さん
事例報告する百間弘子さん
事例報告する篠原順子さん
事例報告する篠原順子さん

いばらきコープからのお知らせ ページの先頭へ