いばらきコープからのお知らせ 報告

2015年04月21日

潮来市と「見守り協定」を締結しました

 4月21日、いばらきコープはパルシステム茨城様とともに潮来市との「見守り協定」を締結しました。この協定により、高齢者や子ども等の要援護者や道路の陥没などの異変を発見した場合に速やかに市へ通報します。これで「見守り協定」は42市町村との締結となります。

 調印式において、原浩道市長から「高齢化がすすむ中でコープと見守り協定を締結できたことは地域にとって大変心強い」「道路の陥没などの見守りは市民生活の安全安心につながる」との話をいただきました。また、佐藤洋一理事長は「毎週同じ利用者に配達するコープは異変に気づきやすく何かあった場合の対応ができる」「引き続き安心して暮らせる街づくりに協力していきたい」と挨拶をしました。

 いばらきコープは今後も「誰もが安心して暮らせる地域づくり」をめざし、地域社会に貢献する取り組みをすすめていきます。

左から、長峰智子理事、潮来市長 原浩道様、佐藤洋一理事長、中川正弘センター長

左から、長峰智子理事、潮来市長 原浩道様、佐藤洋一理事長、中川正弘センター長

いばらきコープからのお知らせ ページの先頭へ