いばらきコープからのお知らせ 報告

2014年09月11日

第3回 被災地視察バスツアー(宮城県)を開催しました

 9月9日~9月10日、宮城県の被災地を視察するバスツアーの3回目を開催し、組合員とその家族27名が参加しました。実際に被災地に行くことで、その現状を知っていただき、宿泊や買い物をすることで復興を応援することが目的です。

 参加者は津波で700名以上が亡くなった名取市閖上地区でのガイドツアー参加や、南三陸町の防災対策庁舎、戸倉中学校を見学しました。また、南三陸さんさん商店街で買い物をしました。

 参加者からは「被災者の方の体験談や自分の目で実際に被災地を見ることで復興が進んでいないことを改めて感じました」「ひとりでも多くの方々に被災地を見てほしい」「このバスツアーは今後も続けてほしい」等の感想をいただきました。

 宮城県への被災地視察バスツアーはみやぎ生協の協力をいただきました。3回目となる今回、被災者支援活動をすすめているみやぎ生協へ東日本大震災復興支援募金の中から30万円を贈呈しました。募金は、参加者を代表して羽田幸子理事から執行役員の小澤義春様へお渡ししました。

 いばらきコープは、今後も「忘れない・伝える・続ける・つなげる」を合言葉として、被災地復興のため、支援を続けていきます。(東日本大震災復興支援募金)

被災地視察バスツアーは組合員のみなさんからの募金によって支えられています。

引き続き、ご支援いただくようよろしくお願いいたします。

「東日本大震災復興支援募金」は、2014年12月20日まで取り組みます。

左から、羽田幸子理事、みやぎ生協執行役員 小澤義春様

左から、羽田幸子理事、みやぎ生協執行役員 小澤義春様

いばらきコープからのお知らせ ページの先頭へ