いばらきコープからのお知らせ 報告

2014年05月30日

被災地視察バスツアー(宮城県)を開催しました

 5月28日~5月29日、宮城県の被災地を視察するバスツアーを開催し、組合員とその家族38名が参加しました。自分たちも実際に被災地に行ってみたいという組合員からの要望を受け、今年初めて企画しました。被災地の現状を知っていただくとともに宿泊や買い物をすることで復興を応援することが目的です。

 参加者は津波で700名以上が亡くなった名取市閖上地区でのガイドツアーに参加し、当時の様子を聞きました。また、石巻市にあるみやぎ生協蛇田店で被災者のみなさんが交流しているサロン見学や買い物をしました。

 参加者からは「テレビや新聞などで被災地の状況はわかっているつもりでいたが、現地を見て改めて災害の大きさを実感した」「見たことや聞いたことを他の人たちにも伝えるのも支援のひとつということがわかった」「復興がこんなに遅れていることを知り驚いている」「今後自分たちに何ができるかを考えたい」等の感想をいただきました。

今後も「忘れない・伝える・続ける・つなげる」を合言葉として、復興支援活動をすすめていきます。7月にも宮城県への被災地視察バスツアーを予定しています。また、福島県への視察バスツアーもこの秋に開催する予定です。

 

被災地復興のため、支援を続けていきます

(東日本大震災復興支援募金)

被災地視察バスツアーは組合員のみなさんからの募金によって支えられています。

引き続き、ご支援いただくようよろしくお願いいたします。

 

「東日本大震災復興支援募金」は、2014年12月20日まで取り組みます。

いばらきコープからのお知らせ ページの先頭へ