いばらきコープからのお知らせ 報告

2013年05月20日

あぜ道交流会「田植え編」を開催しました

 5月18日、JA茨城みなみ、JA全農いばらきの皆さまのご協力をいただき、32家族110人が参加してあぜ道交流会「田植え編」を開催しました。この交流会は今年で20周年となり、産地とのつながりを大切にしながら、お米づくり体験を通して、食べることの大切さを学ぶ食育の取り組みです。当日は天候にも恵まれ、参加者はJA職員の指導を受けながら、田んぼに入って田植えを体験しました。参加者からは「毎日食べているお米がどうやって作られているのかを少しでも知るために親子で参加しました」「親子とも初めての田植えなのでとても貴重な体験ができました」「子供たちと泥にまみれて田植えを楽しめました」「今回で2回目でしたが去年よりきれいに植えることが出来ました」「また来年も参加したいです」などの声をいただき大変好評でした。また、田植え後には、田んぼで採れた生き物観察も行いました。次回は7月27日に稲の生育点検と案山子(かかし)づくりを行います。

 JA茨城みなみ産のお米「茨城コシヒカリ」は、宅配の商品カタログ「ハピ・デリ」に掲載されています。また、定期的にお米が届く「登録米」としても取り扱いをしています。

20130517 azemitikouryukai kanban550.jpg

いばらきコープからのお知らせ ページの先頭へ