いばらきコープからのお知らせ 報告

2013年03月21日

ひたちなか太陽光発電所の発電がスタートしました

 3月21日、コープデリひたちなかセンターの屋根に設置した太陽光発電設備による発電(売電)がスタートしました。昨年の総代会で確認した「原子力発電に頼らない再生可能エネルギーを拡大すること」の実践のひとつです。この設備では年間約19.5万kWhを発電し、一般家庭約40世帯分の1年間の消費電力に相当します。また、CО2約75,150kgの削減効果があります。

 いばらきコープでは、太陽光発電設備を広く組合員の皆さまへ知らせるため、このセンターを「ひたちなか太陽光発電所」としました。今年秋に稼動を予定している笠間センターでも同様の発電所を計画しています。今後も引き続き、持続可能な社会の実現をめざし、エネルギー政策の転換をめざした取り組みをすすめます。

 

 

いばらきコープからのお知らせ ページの先頭へ