いばらきコープからのお知らせ 報告

2013年01月22日

水戸市「安心・安全見守り隊」に参加しました

 1月21日、水戸市役所において、要援護者等の見守りネットワーク「水戸市安心・安全見守り隊」発足式が行われ、コープデリ水戸センターの川津義浩センター長が参加しました。見守り隊は、水戸市のマスコットキャラクター「みとちゃん」を隊長として、いばらきコープをはじめとする市内の事業者、金融機関、公共交通機関、公的機関、大学、地域団体等の約80団体が参加し、市内において高齢者や子どもなどの異変を感じた時に市に通報することをすすめます。いばらきコープは水戸市と昨年8月に「見守り協定」を締結しており、その協定をきっかけとして「広がり・つながり」をつくることに貢献できました。発足式において、水戸市長の高橋靖様から「オール水戸で見守りを推進していきたい」とのお話をいただきました。いばらきコープは、今後も「誰もが安心して暮らせる地域づくり」をめざし、地域社会に貢献する取り組みをすすめます。

左から、川津センター長、みとちゃん

左から、川津センター長、みとちゃん

いばらきコープからのお知らせ ページの先頭へ