いばらきコープとは

お買い物・サービス

コープの商品

社会的な取り組み

参加・イベント

職員の優れた仕事に学ぶ「第5回実践事例発表会」を開催しました報告

2018年2月12日

 2月10日、「第5回実践事例発表会」をフェリベール・サンシャイン(水戸市)で開催しました。この発表会は全職員の仕事の中から特に優れているとして選ばれた事例を職員同士が学び、今後に活かすことを目的に開催しています。当日は役職員や委託会社職員等の約300名が参加し、各事業所から推薦された職員10名や理事による実践事例の発表が行われました。発表後には柴﨑敏男専務理事から受け止めが報告され、鶴長義二理事長から発表者へ感謝状と副賞が贈呈されました。また、来賓として参加いただいた、お取引先様でつくる「いばらきコープ虹の会」会長でだるま食品の高野正巳社長から、参加者への景品をご提供いただきました。

 いばらきコープでは、仕事を通じて組合員や地域の皆さまに喜ばれる職員の育成をめざし、働く仲間の優れた事例に率直に学び、感謝し合える組織風土づくりをめざしています。

第5回いばらきコープ実践事例発表会 テーマと報告者一覧

1.「共済推進の取り組みについて」 ひたちなかセンター 冨田佳代子さん

2.「組合員さんひとりひとりの為に」 ひたちなか店 萩谷浩美さん・小山明美さん

3.「供促品の取り組み-野菜たっぷり和風ドレッシング-」 水戸センター 猿田真子さん

4.「一人ひとりの利用者様に寄りそった介護を目指して」 石岡旭台デイサービス 小室鮎子さん・永沼和美さん

5.「またあなたに届けてもらいたい」 国際ロジテック㈱ 杉田敏生さん

6.「シフトチェンジ!!稼動は確保する」 水戸店 久保田貞智子さん・青木啓太さん

7.「光る運転 極ゆっくりバック」 鉾田センター 木村真也さん

8.「いばらきコープ 組合員商品活動のご報告」 羽田幸子理事 さん

どの事例も「行動指針」に沿ったすばらしい実践事例でした。

PAGETOP