「森のがっこう」(キノコ博士と森の中へGO!)を開催しました報告

2016年11月23日

11月23日、組合員とその家族が茨城県の豊かな自然を学ぶ機会として、森の役割や森の大切さについて家族で楽しく学ぶ「森のがっこう」を水戸市森林公園 森の交流センター大ホールで開催しました。当日は18家族45人が参加し、午前中の授業は、茨城県林業技術センターの職員の皆様を講師に「キノコ博士と森の中へGO!」と題し公園内の森を歩きながらたくさんのキノコについて説明していただきました。午後の授業は、茨城県県央農林事務所職員を講師に「間伐材でのマイ箸づくり」と題し、間伐材からカンナを使って自分用の箸を作りました。参加者からは、「たくさんの種類のキノコを見つけていろいろと教えていただき勉強になった」「箸づくりがすごく楽しかった」「森林やリサイクルについて考えるよい機会になった」などの感想が聞かれました。

 いばらきコープでは今後も茨城県の豊かな自然環境を学ぶ取り組みをすすめていきます。

PAGETOP