「田んぼのがっこう あぜ道交流会(稲刈り編)」を開催しました報告

2016年9月19日

 9月18日、JA茨城みなみ、JA全農いばらきの皆さまのご協力をいただき、23家族76人が参加してあぜ道交流会「稲刈り編」を開催しました。この交流会は産地とのつながりを大切にしながら、お米づくりを通して食育をすすめる取り組みです。

 今年最終回となる今回は、小雨の中、JA職員の皆さんからアドバイスを受けながら参加者が鎌を手に夢中になって稲刈りを行いました。お昼には、JA茨城みなみ婦人部の皆さまが作った新米のおにぎりやとん汁を全員で美味しくいただきました。また、バケツ稲の表彰式も行いました。最後に終了式を行い、田んぼのがっこうあぜ道交流会の校長であるJA茨城みなみ代表理事組合長の齊藤繁様から参加家族に終了証をお渡ししました。参加者からは「わかりやすく教えていただきありがとうございました」「米ができるまでを体験できとても勉強になりました」「自然と触れ合える大事な体験として参加できました」などの声をいただきました。

 JA茨城みなみ産のお米「茨城コシヒカリ」は、宅配の商品カタログ「ハピ・デリ」に掲載されています。また、定期的にお米が届く「登録米」としても取り扱いをしています。

PAGETOP