茨城農業改革推進大会で「茨城をたべよう!キッズ・マルシェ」を開催しました報告

2016年8月10日

 8月9日、ひたちなか市文化会館で行われた「茨城農業改革推進大会」において、茨城県教育庁生涯学習課とJA常陸の皆さまにご協力いただき、「茨城をたべよう!キッズ・マルシェ」を開催しました。このイベントは小学生が野菜や果物を販売する仕事の体験を通して、食の知識やコミュニケーション力を身につけてもらうもので、24名の小学生が参加しました。北西ブロック委員と食育サポーターが講師となって、地産地消の大切さや旬の野菜について学びました。そして、野菜を販売するために、4チームに分かれ値決めや学んだことを活かしたPOPづくりを行いました。準備後は、「茨城農業改革推進大会」の参加団体が試食販売を行う市民ホールにおいて、ディスプレイを工夫して元気よくお客様へ野菜を販売しました。会場を訪れた橋本知事にも購入していただきました。どのチームも約1時間で用意したすべての野菜を売り切ることができました。参加した小学生たちからは、「野菜を売ることの大変さや楽しさがわかった」「POPづくりや飾り付けが楽しかった」「茨城県産の野菜をもっと食べたくなった」などの感想がありました。

 また、キッズ・マルシェに参加した小学生が、茨城農業改革推進大会のステージで茨城の農業へ向けた応援メッセージを発表しました。

PAGETOP