未来の地球環境を守るために

持続可能な社会に向けて再生可能エネルギーの普及と環境保全活動を推進します。

太陽光発電設備の設置とPPS(新電力会社)の導入

いばらきコープは施設の屋上などに太陽光発電設備を設置し再生可能エネルギーの普及をすすめています。これらの設備による発電合計は、429kWです。また、本部および事業所の電力の購入先として、環境負荷の少ない太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーの普及をすすめている地球クラブ(日本生協連、コープネット等が出資設立したPPS)に切り替えました。また、2017年度に新設する鹿嶋センターとサービス付き高齢者向け住宅にも太陽光発電設備を設置する予定です。

太陽光発電設備の写真

コープデリ笠間センター太陽光発電設備

※ 横にスクロールしてご覧ください
太陽光発電・風力発電設置事業所
事業所名 種類 出力kW 設置日
うしく店 太陽光 3.0 1998年1月
十王センター 太陽光 5.0 1999年7月
千代川センター 太陽光 5.2 2001年2月
常陸太田センター 太陽光 5.0 2001年3月
水戸センター 太陽光 5.0 2002年5月
鉾田センター 太陽光 5.3 2004年3月
ひたちなか店 風力 2.0 2004年4月
つちうら店 太陽光 10.0 2007年1月
守谷センター 太陽光 4.5 2008年1月
ひたちなかセンター 太陽光 190.0 2013年4月
笠間センター 太陽光 194.0 2013年11月
合計 429.0

茨城県の自然や資源について学ぶ

茨城県の海や湖、森などの豊かな自然環境と資源を、親子で楽しく、体験しながら学ぶ「海のがっこう」「湖のがっこう」「森のがっこう」に取り組みました。これらの「がっこう」に参加したご家族には、豊かな自然の魅力を実感していただきました。

磯の生き物を調査する参加者の写真

海のがっこう

ボートをこぐ参加者の写真

湖のがっこう

話を聞く参加者の写真

森のがっこう

環境を守る活動を支援

環境基金助成団体の皆さん

環境基金助成団体の皆さん

いばらきコープは環境基金を設立し、県内で環境活動を行う団体・個人に対して毎年助成を行っています。2017年度は43団体、244万円を助成しました。環境基金の財源は、組合員から回収したリサイクル品の売却益の一部を充てています。

活動発表交流会の様子

活動発表交流会

2017年度環境基金贈呈式の様子

2017年度環境基金贈呈式

いばらきコープ環境基金2018年度助成事業募集

期間 
2017年10月2日(月)~12月1日(金)

「環境基金助成団体活動発表交流会」活動発表団体の資料

緑のカーテン組合員交流広場

緑のカーテン組合員交流広場

みんなでスイッチオフ

6~7月の全国の「環境月間」「ライトダウンキャンペーン」と連動し、身近なエコを呼びかけ、組合員が参加することで環境への関心を高めることを目的とした企画を実施しました。

店舗、コープデリ宅配、組合員活動の場などで、身近な節電「みんなでスイッチオフ」や100年後の地球のための「エコ宣言&メッセージ」などに多くの組合員や子どもたちが参加しました。

お店に飾られた短冊の写真

店舗では七夕演出の笹にエコ宣言やメッセージを書いた短冊が飾られました。

2016年度リサイクル品回収実績

回収品目 回収量(t) 前年実績(t) 前年比  
牛乳パック、飲料などの紙パック 61.2 69.4 88.3% 牛乳パック、飲料などの紙パック
たまごパック 9.9 14.4 68.5% たまごパック
ペットボトル 49.6 49.3 100.6% ペットボトル
食品発泡トレイ 11.4 10.2 111.8% 食品発泡トレイ
※ 横にスクロールしてご覧ください
回収品目 回収量(t) 前年実績(t) 前年比  
商品案内 3,176.7 3,060.6 103.8%
OCR注文書 57.7 59.9 96.4%
商品お届け用、
カタログお届け用ポリエチレン袋
48.1 46.2 103.9% 商品お届け用、カタログお届け用ポリエチレン袋
商品お届け用、カタログお届け用ポリエチレン袋
アルミ缶 7.0 7.1 98.4% アルミ缶
合計 3,421.6 3,317.1 103.2%
※ 横にスクロールしてご覧ください
  • コープデリ宅配センター、店舗で回収されたリサイクル品はコープネットエコセンター(千葉県野田市)で減容処理を行なっています。