地域とのつながりをはぐくむために

くらしに関わる食育・平和などのテーマを通して地域社会に貢献します。

食育

食育教室 たべる、たいせつ

学校教育に役立つ学習ガイドの画像

県内の教育機関や小学校などに食育教室などの案内をまとめた「学校教育に役立つ学習ガイド」を配布し、授業や校内活動などに協力しました。
その中の「食育教室 たべる、たいせつ」は、食育サポーターが中心となって「楽しく食べる」「日本型食生活」「地産地消」の大切さを県内の小学校や他団体と協力しながら取り組みました。(38会場・参加者1,571名)

食育教室の様子
食育教室の様子
食育教室の様子
食育の授業の様子

また、茨城大学のボランティア講座「大学生と消費生活」で、「Do you 農 いば食! ワークショップ 地産地消 茨城を食べよう!」と題して、食育の授業を行いました。

茨城をたべよう!キッズ・マルシェ

県内の各所のJA直売所において、小学生たちが野菜の販売体験を行う「茨城をたべよう! キッズ・マルシェ」を開催しました。
「キッズ・マルシェ」は、子どもたちが茨城県産の野菜や果物について学び、実際に販売体験をすることで食の知識やコミュニケーション力を身につけてもらうことが目的です。(6会場・参加者123名)

野菜の販売体験の様子
野菜の販売体験の様子

小学生が茨城県産野菜について販売体験を通して学ぶ「キッズ・マルシェ」

野菜の販売体験の様子
商品のPOPづくりの様子

野菜について学び、商品のPOPづくり

水戸ホーリーホックを応援

記念撮影の様子

ケーズデンキスタジアムにて

地域貢献のために水戸ホーリーホック(Football Cloub J2リーグ)のスポンサーとして応援しています。昨年も「いばらきコープ サンクスマッチ」を開催し、来場者にユニセフ募金のお願いやコープ商品の試食などを行いました。

NPO法人フードバンク茨城とハンガーフリーワールドに協力

きずなBOXの写真

食品を集める「きずなBOX」(コープ水戸店)

いばらきコープはNPO法人フードバンク茨城の理事を選出し、食品を寄付できる「きずなBOX」を全店舗に設置しています。2016年度は3.1トンの食品を組合員から提供してもらっています。
不要になったハガキなど集めて、アフリカを中心に飢餓支援を行っているハンガーフリーワールドにコープネットの仲間とともに取り組んでいます。2016年度は434万円の協力をしました。

乳児院に「紙おむつ」を寄贈

紙おむつの贈呈式の写真

いばらきコープ本部で紙おむつの贈呈式

茨城県内にある3つの乳児院に、「子ども用紙おむつ」の寄贈を行っています。2016年度は高萩市とつくば市の同仁会乳児院、水戸市の日本赤十字社茨城県支部乳児院に合計830袋の子ども用紙おむつを贈りました。

消費者支援・消費者被害防止の取り組み

コープ水戸店とうしく店において「高齢者消費者被害防止」啓発チラシの配布を行いました。この取り組みは、高齢者消費者被害の防止についての市民の意識向上を目的にしています。当日は、組合員理事が行政や他団体の皆さまと一緒に、チラシ・啓発物などを来店された組合員へ配布しながら高齢者消費者被害防止の呼びかけを行いました。
また、消費者支援を目的に、県内各地で行われた消費生活展や環境展に参加しました。

コープ水戸店の写真

コープ水戸店

コープうしく店の写真

コープうしく店

いばらき消費生活展2016の写真

いばらき消費生活展2016

とうかい環境フェスタ2016の写真

とうかい環境フェスタ2016