コープデリでんき

特徴

「コープデリでんき」はくらしと未来にやさしい“でんき”です。

「コープデリでんき」は、再生可能エネルギーで発電したFIT電気を中心とした電気です。

全国の電源構成のグラフ
「コープデリでんき」FIT電気メニューの電源構成のグラフ
  • 当生協がFIT電気を調達する費用の一部は、「コープデリでんき」のご利用者以外の方も含め電気をご利用の全ての皆様から集めた賦課金によって補われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均CO2排出量を持った電気として扱われます。
  • 市場調達の電気には、水力、火力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。

FIT電気とは

FIT(Feed in Tariff)とは、固定価格買取り制度のことです。日本で電気を利用されている全ての皆様から国が賦課金を集め、再生可能エネルギーの発電費用として交付することにより、発電される電力です。

電気の産地にこだわりました

FIT電気メニューは、生協への電気小売のために設立された日本生協連の子会社・(株)地球クラブからの電気を取り扱います。

コープの施設の活用!

コープの宅配センター(三鷹・立石・大宮・久喜・秩父・三郷・笠間・ひたちなか・富岡)や集品センター(野田船形・小山・桶川・城・印西・東金・エコセンター)の屋根に設置した太陽光発電施設の電気を活用します。

コープデリ大宮センターの写真

コープデリ大宮センター

コープデリ笠間センターの写真

コープデリ笠間センター

野田船形グロサリー集品センターの写真

野田船形グロサリー集品センター

小山要冷センターの写真

小山要冷センター

店舗の生ゴミが電気に生まれ変わる!

一部の店舗から排出される食品残さを利用したバイオマス発電の電気を活用します。

バイオエナジー食品リサイクル施設の写真

バイオエナジー食品リサイクル施設

剪定枝(せんていし)や間伐材などの有効活用!

岩手県野田村の木質バイオマス発電の電気を活用します。
※木の生育や樹形管理のために切りそろえられた、枝の切りくずのことです。

野田バイオパワー木質発電施設の写真

野田バイオパワー木質発電施設

「コープデリでんき」ベーシック電気メニューの電源構成(2018年計画)

「コープデリでんき」ベーシック電気メニューの電源構成のグラフ

より家計にやさしいベーシック電気メニューではFIT電気を約35%使用します。

  • 当社がFIT電気を調達する費用の一部は、当社のお客さま以外の方も含め、電気をご利用のすべての皆さまから集めた賦課金により賄われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。
  • この電気には、水力、火力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーが含まれます。
  • 他社から調達している電気の一部で発電所が特定できないものについては、「その他」の取り扱いとしております。

「電気の切り替えってどういうこと?」にお答えします!

そもそも 電力小売り自由化とは?

様々なサービスや料金プランの中から、自分のライフスタイルや価値観に合わせて選べるようになりました。

これまでご家庭で使う電気は、各地域の特定の電力会社からしか購入できませんでしたが、2016年4月1日以降は、電力の小売が全面的に自由化されたため、既存の電力会社だけでなく、業種を問わず様々な事業者から電気を購入できるようになりました。

電力小売自由化の図
自分のライフスタイルや価値観に合ったサービスや料金プランを選べるように! 自分のライフスタイルや価値観に合ったサービスや料金プランを選べるように!

ガスや石油、通信・鉄道会社、ハウスメーカーなど様々な業種の企業が電力小売事業に参入。各社独自のプラン・サービスを提供しています。

電気の品質・信頼性はこれまでと変わりません。

なぜなら、同じ電線で届けられるから。

大丈夫なの?ご安心ください!

どの会社から電気を買っても、東京電力パワーグリッドの送電線でご家庭に供給されるので、届く電気の質は同じです。送電線などの設備管理も東京電力パワーグリッドが行います。停電など非常時の対応もこれまでと変わりませんのでご安心ください。

提供のしくみの図

いつでも使用量が見られて便利。お支払いも簡単です。

マイページのご案内

月別、日別、時間帯別の使用量が確認でき、過去データと比較できるため節電に役立ちます。

  • 画面はイメージです
FIT電気メニューの画面
ベーシック電気メニューの画面
グラフで確認できる!過去と比較できる!年間、月間、一日で把握できる!

マイページへのアクセス

Facebookシェアボタン